コラム

贈与の新制度について

ꗗ֖߂
住宅購入や消費を促すため、相続税と贈与税の課税を一体にして精算する新制度(相続時精算課税制度)が平成15年1月からスタートした。 65歳以上の親から20歳以上の子に生前贈与する際の贈与税の非課税枠が、従来の110万円から2,500万円に拡大した。
 この非課税枠は、2,500万円に達するまで何度も使えます。
 この非課税枠を超える部分は20%の税金で済む。対象は現金、預金、土地、建物、有価証券等で、その使途は自由のため消費の促進に一役買うものと期待されている。
 一方、住宅取得資金の贈与は、非課税枠をさらに1,000万円上乗せし3,500万円まで可能で親の年齢制限は無く、子供にとっては親の資金を使い住宅を取得出来る。 但し、従来の110万円の贈与は使えなくなるので注意が必要だ。
 相続税が基礎控除(5,000万円+1,000万円×法定相続人数)を超えない場合は、生前贈与に有効活用することも可能です。

ピックアップ

  • 新規開業支援
  • 一般医院向け開業支援
  • 歯科医院向け開業支援

税理士法人 村木会計 村木公認会計士事務所

税理士法人 村木会計
村木公認会計士事務所

〒064-0820
札幌市中央区大通西21丁目2-21
村木大通ビル

TEL: 011-640-2222

FAX: 011-612-1777

ページ上部へ[↑]

医療のお仕事をされている方
開業をお考えの方
村木会計事務所を知る
村木グループの紹介
お知らせ・ニュース